メールレディ二年目の方の体験談です

某サイトでメールレディをしましたが

メールレディとして有名なサイトに、登録させていただき、二年目をむかえました。

 

まず、メールレディとはいえ、登録方法は決して簡単ではありません。
なぜなら、自分の保険証を年齢確認の為に写メールでサイトに送らなければなりません。

かなりの不安がありましたが、今のところ何もありません。

 

さすがは有名なだけあって、しっかりしたセキュリティでした。
登録が終われば、次は、プロフィールを作成して、男性にアピールです。
ここで重要になるのは、どこまで割りきって自分を偽れるかです。

 

当然ですが、メールレディと言われるだけあって、
男性からメールがきて始めてお金やポイントになります。

 

つまり、プロフィールに魅力を感じなければメールはこない、お金が入らないというわけです。
それでは、困ります。

 

だから、偽るのです。
例えば、実際は巨漢であっても、セクシーなナイスバディです。
ボン・キュッ・ボンは、わたしの自慢です。
など、十人十色な嘘を交えて、
男性がメールを送りたくなるようにメールレディのキャラとしてのプロフィールを完成させます。
そして、やっとその作業が完了しましたら、今度は営業です。

 

自分を売り込むのです。
とにかくたくさんの方にメールを送ります。

 

そうして営業していれば、必ずメールが来ますが、
期待してはいけないのが、たくさん来るなんてことはありません。
男性は一度のメールに50円から200円払っている為、かなり用心深いです。

 

さて、では、メールが来たら、どうしたらいいのでしょう。
基本、相手は一度のメールで直メアドや、携帯番号を知りたがるので、
それをどこまで上手くかわしながら引き延ばせるかです。

 

そんなふうにして、一カ月で稼いだお金は約3万円でした。
それから時々はさぼったりするものの月1万〜5万円くらいをコンスタントに稼いでいます。